メニュー

院長ブログ

院内ポスターについて(2022.08.02更新)

焦げるような暑い夏の日が続いています。道を歩くだけで気が遠くなりそうです。ふらつき、たちくらみ、筋肉痛やこむらがえりは熱中症の初期症状の可能性がありますので、このような症状出現時は戸外での活動を中止し日陰または冷房の効いたところで休む、屋内では室温をチェックし、26―28℃に調整する、水分補給などの対策をお願いします。気温だけではなく、高湿度の夏の日(台風の前など)も熱中症の危険日です

 

さて、2月前から院内掲示のポスターの一部を自分たちで作成することにしました。その目的は患者さんに伝えたいこと、知ってほしいことを、ポスターの形式で示すことです。図1は当院で行っている検査を紹介しており、手書きです。図2は高血圧に関しての説明で、PCを利用して作成しています。ふたつの図とも3人の看護師さんが話し合いを重ねながら、作成しました。

 

まだ始めたばかりなので、不足した部分はあろうかと思います。ポスターを見て疑問に思ったこと、あるいはこんなことを知りたい、ということがありましたら、私または看護師の方にお知らせください。

 

図1

図2

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME