メニュー

院長ブログ

オンライン診療の効果と限界(2020.04.27更新)
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による院内感染のために、本来の機能の縮小または中断を余儀なくされる病院が相次いでいます。院内感染の予防のために新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者… ▼続きを読む

免疫能を高めるためには?(2020.04.14更新)
感染拡大が続く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で重症化しやすい、あるいは亡くなるリスクが高い人は、高齢者、および糖尿病、高血圧、心臓病などの持病をお持ちの方です。特に高齢者や糖尿病患者さん… ▼続きを読む

帯状疱疹とは?(2020.03.31更新)
胸に発疹ができて、すごく痛みます、という訴えで、中高年の女性が受診した時に、最初に頭に浮かぶ病名は帯状疱疹です(図を参照ください)。帯状疱疹は85歳までに2人にひとりが経験する発症頻度が高い病気です。… ▼続きを読む

睡眠時無呼吸症候群と心臓病ーある出会いについてー(2020.03.15更新)
医師としての仕事のあり方を決定づけるような患者さんとの出会いーそんな私の経験を御紹介したいと思います。   患者さんは労作性狭心症で、当時、54歳、男性の方です。3本ある冠動脈(心臓を養… ▼続きを読む

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のアウトライン2(2020.03.03更新)
新型コロナウイルス感染症のアウトラインを2月4日に書きました。その頃に比べて、日本でも市中感染が広がりをみせ、マスクの払底、コンサートや演劇の自粛、プロスポーツの無観客試合、および小中学校・高校の春休… ▼続きを読む

入浴中の突然死(2020.02.18更新)
野村克也氏が入浴中に突然死しました。野村氏は野球人として卓越していただけではなく、人間の真実に迫る含蓄のある言葉をたくさん残されてきました。今回はSuzukiら(1)の総説と入浴中の血圧・脈拍の変化と… ▼続きを読む

新型コロナウイルス感染症のアウトライン(2020.02.04更新)
中国の湖北省武漢市に端を発した新型コロナウイルスによる感染症は、まさしく燎原の火のように中国全土に感染が拡大しています(感染者数:20,438人)。2月3日12時の時点での日本では感染者数は20名(4… ▼続きを読む

スマートウォッチと心房細動(2020.01.28更新)
心房細動という不整脈をご存じでしょうか?心臓は比較的に規則正しく収縮しています。それは右心房にある洞結節という部位で、その時々の状況に応じて(安静時、走っているときなど)、何回、収縮しなさいという命令… ▼続きを読む

高血圧一問一答(2020.01.14更新)
生活習慣病の中では高血圧の患者さんが最も多い現状があります。そして、高血圧の患者さんから、さまざまな疑問が私に投げかけられてきました。そうした疑問の中から代表的な問いについて、高血圧治療ガイドライン2… ▼続きを読む

新年によせてークリニックの役割ー(2020.01.01更新)
あけましておめでとうございます。冷えこんだ元旦の朝ではなかったでしょうか?わたしたちのクリニックも開院して、半年が過ぎました。そこで、あらためてクリニックの役割について、考えてみました。  … ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME